E1 東名リニューアル工事 裾野IC ~清水JCT(上下線)昼夜連続車線規制1/9(火)~4/27(金)(109日間)東名リニューアル工事は、終了しました。ご協力ありがとうございました。E1 東名リニューアル工事 裾野IC ~清水JCT(上下線)昼夜連続車線規制1/9(火)~4/27(金)(109日間)東名リニューアル工事は、終了しました。ご協力ありがとうございました。

  • 渋滞予測
  • 迂回ルート
  • 工事情報・進捗
  • 安全なご利用
  • お問い合わせ

渋滞予測

渋滞予測渋滞予測

工事期間中の裾野IC~清水JCT間の渋滞予測をカレンダー及び時間帯別でご確認いただけます。
- 2017年12月23日更新版 -

カレンダーで見る

平日を中心に渋滞が予測されます。特に、名古屋方面下り線は、3月にかけて約15km以上の渋滞が予想されます。
ご迷惑をおかけいたしますが、交通情報をご確認のうえ、新東名などへの迂回や出発時間変更のご検討をお願いします。

予測渋滞長 凡例:
5km未満
5km~10km
10km~15km
15km以上

東名 上り線(東京方面)

2018

  • 2018

    1月

    カレンダー

  • 2月

    カレンダー

  • 3月

    カレンダー

  • 4月

    カレンダー

東名 下り線(名古屋方面)

2018

  • 2018

    1月

    カレンダー

  • 2月

    カレンダー

  • 3月

    カレンダー

  • 4月

    カレンダー

  • ※渋滞予測は、迂回や出発時間の変更などを考慮せず、昨年度の交通量に基づき予測したものです。なお、当日の交通状況や天候等によって大きく変わる可能性があります。

時間帯別で見る

朝夕を中心に渋滞が予想されます。特に、名古屋方面下り線3月頃は約15km以上の渋滞が予想されます。
ご迷惑をおかけいたしますが、交通情報をご確認のうえ、新東名などへの迂回や出発時間変更のご検討をお願いします。

予測渋滞長 凡例:
5km未満
5km~10km
10km~15km
15km以上

2018年1月9日~1月31日

発生予測次時間帯

発生予測次時間帯

2018年2月1日~2月28日

発生予測次時間帯

発生予測次時間帯

2018年3月1日~3月31日

発生予測次時間帯

発生予測次時間帯

2018年4月1日~4月27日

発生予測次時間帯

発生予測次時間帯

  • ※渋滞予測は、迂回や出発時間の変更などを考慮せず、昨年度の交通量に基づき予測したものです。なお、当日の交通状況や天候等によって大きく変わる可能性があります。

迂回ルート

迂回ルート迂回ルート

迂回ルートマップ

拡大縮小
  • ※1 富士川スマートインター(SIC)の入り口は、ETCを搭載した全車種(車長 12.0m 以下)しかご利用できません。また同出口はETCを搭載した中型車以下(車長 8.5m 以下)しかご利用できません。
  • ※2 愛鷹スマートインター(SIC)の出入口は、ETCを搭載した全車種(車長 12.0m 以下)しかご利用できません。

昼夜連続車線規制および昼夜連続対面通行規制により渋滞予想されます。
当WEBサイトでは、渋滞予測情報のご案内をしております。
冬の高速道路を走行するときは、必ず冬用タイヤの装着をお願いします。
その他、雪道情報を含めた道路交通情報は当社公式WEBサイトアイハイウェイ中日本などで提供していますので、出発前にご確認いただき時間に余裕を持った安全運転をお願いします。

工事情報・進捗

工事情報・進捗工事情報・進捗

高速道路ネットワーク機能を長期にわたって健全に保つため、
裾野インターチェンジ(IC)から清水ジャンクション(JCT)でリニューアル工事をおこないます。
当WEBサイトでは、本工事の進捗状況を随時お伝えします。

工事進捗

一覧はこちら

工事区間

E1 東名 裾野IC~清水JCT 
赤渕川橋(下り線)

E1 東名道 沼津IC~富士IC間

工事内容

Renewal高速道路の本体構造物のライフサイクルコスト(役目を終えるまでにかかる全ての費用)の最小化、予防保全(故障や不具合が生じる前に行う保全方法)および性能向上の観点から、必要かつ効果的な対策を講じることにより、高速道路ネットワーク機能を長期にわたって健全に保つためにおこなうものです。

リニューアルイメージリニューアルイメージ

  • 老朽化した床版の撤去

    老朽化した床版の撤去

  • 新しい床版の設置

    新しい床版の設置

  • 床版取替工事 全景

    床版取替工事 全景

  • 床版取替完了後

    床版取替完了後

工事の工夫

対面規制区間の仮設中央分離帯には、安全性の高いコンクリート防護柵を設置し、新たに設置する
床版には工場で製作したコンクリート製品を採用することで、安全かつ速やかな工事をおこないます。

中央分離帯にコンクリート防護柵を仮設

対面規制区間における車両の中央分離帯突破による重大事故防止のため、仮設中央分離帯にコンクリート製の移動式防護柵を採用し、工事期間中のお客さまの安全を確保します。

  • 移動式防護柵切替専用車両によるコンクリート防護柵移動状況

    移動式防護柵切替専用車両によるコンクリート防護柵移動状況

  • 移動式防護柵切替専用車両によるコンクリート防護柵移動状況

移動式防護柵切替専用車両によるコンクリート防護柵移動状況

工事期間の短縮

工事期間を短縮するため、新しい床版には、工場で製作した製品(プレキャストコンクリート製品)を用いて工事を実施いたします。

  • 現場打ち床版の施工状況

    現場打ち床版の施工状況

  • プレキャスト床版の施工状況

    プレキャスト床版の施工状況

規制日時

2018年1月9日(火)から4月27日(金)まで(109日間)

規制区間

E1 東名 裾野IC~清水JCT(上下線)

  • ①1月9日(火)~1月16日(火)は、沼津IC~富士IC間(上下線)で昼夜連続・一車線規制

  • ②1月16日(火)~4月13日(金)は、沼津IC~富士IC間(上下線)で昼夜連続・対面通行規制
    1月16日(火)~2月28日(水)の沼津IC付近と4月2日(月)~4月13日(金)の蒲原BS(バスストップ)付近で、昼夜連続・一車線規制

    E1 東名道 裾野IC~清水JCT(上下線)昼夜連続車線規制および昼夜連続対面通行規制E1 東名道 裾野IC~清水JCT(上下線)昼夜連続車線規制および昼夜連続対面通行規制
  • ③4月13日(金)~4月27日(金)は、沼津IC~清水JCT間(上下線)で昼夜連続・一車線規制

  • ※床版取替工事にあたり、上下線各2車線の区間を1車線に減少させ、上り線に集約する対面通行規制を昼夜連続で実施します。
  • ※土日も昼夜連続で工事をおこないます。
  • ※天候や作業進捗等により工事期間を変更する場合があります。

安全なご利用

安全なご利用安全なご利用

高速道路をご利用のお客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
工事期間中は、工事車線規制に伴う車線の減少や、渋滞、迂回などにより事故の恐れがございます。
以下のことにご注意いただき、ご利用お願いいたします。

高速道路を安全にご利用いただくために

ゆとりをもった高速道路のご利用を

工事期間中は、渋滞や迂回により通常より所要時間が多くかかるおそれがあります。ゆとりをもった計画を立てていただき、お出かけ前には最新の交通情報を確認の上、ご利用いただきますようお願いいたします。また、天候および作業進捗等により工事期間を変更する場合があります。情報板や立看板などでお伝えしてまいりますが、ご利用の際はお手数をおかけしますが、事前に通行止めや規制情報をご確認くださいますようお願いいたします。

渋滞末尾での追突事故にご注意を

渋滞時には、渋滞の車列の中や渋滞末尾で追突事故や接触事故が発生しています。渋滞末尾に近づいた際にはハザードランプを点灯し、後続車に合図を送るとともに前車との車間距離を十分に確保して、追突事故の防止にご協力ください。

渋滞末尾での追突事故にご注意を

全席シートベルトの着用を

高速道路上の事故では、シートベルトを着用していない乗員が、衝突の反動で車の外に投げ出されて死亡する事故が毎年報告されています。運転席と助手席だけではなく、後部座席も含め必ず全席シートベルトの着用をお願いいたします。2008年6月1日に道路交通法が改正され、高速道路では後部座席のシートベルト着用も義務付けられています。

渋滞末尾での追突事故にご注意を

高速道路上で停止した場合は

高速道路では停止車両への後続車の追突や道路に出て轢かれる等の二次事故が多数報告されており、車内や道路上に残るのは大変危険です。事故や故障等により万が一高速道路上に停止してしまった場合は、ハザードランプを点灯するとともに、無理のない範囲で発炎筒·停止表示器材を車の後方に設置し、後続車へ合図してください。(設置する際は車線から離れ、ガードレールなどの防護柵より外側の安全な場所を通って移動してください。)運転者も同乗者も全員が、ガードレールなどの防護柵より外側の安全な場所へ避難してください。避難後は、道路緊急ダイヤル(#9910)や110番、非常電話などで通報をお願いいたします。通報いただくことで、緊急車両が現場に救援に向かうとともに、高速道路の情報板やハイウェイラジオなどで後続車に前方の危険情報を発信します。

高速道路上で停止した場合は

高速道路の逆走にご注意を

方向間違いや出口間違いをした方があわててUターンなどを行い、高速道路を逆走して重大事故が発生する事象が報告されています。万が一、逆走車両を発見した場合は、料金所やサービスエリア·パーキングエリアなどの安全な場所から、道路緊急ダイヤル(#9910)や110番などで通報をお願いいたします。また、高速道路をご利用される際には、標識や路面標示を十分ご確認いただき、指定された方向への走行をお願いいたします。万が一、逆走をしてしまった場合には、周囲を確認したうえでハザードランプを点灯して路肩等に停止し、安全な場所から速やかに道路緊急ダイヤル(#9910)や110番、非常電話などで通報をお願いいたします。

高速道路の逆走にご注意を

お問い合わせ

お問い合わせお問い合わせ

工事の
お問い合わせ

リニューアル工事 専用ダイヤル

フリーダイヤル0120-922-229フリーダイヤル0120-922-229

NEXCO中日本お客さまセンター
(24時間年中無休·通話料無料)

IP電話など一部の電話からはご利用できない場合があります。
上記番号をご利用できない場合は下記の番号へ

052-223-0333052-223-0333

(通話料有料)

(最近、電話のお掛け間違いが多くなっています。
電話番号をよくお確かめのうえ、お掛けください。)

お出かけ前の
道路交通情報

目で見るハイウェイテレホン(携帯電話専用サイト)

日本道路交通情報センター

最寄りの情報センターから道路交通情報を入手できます。
携帯電話・PHSのお客さまは#8011へ固定電話のお客さまは下記の番号へ

050-3369-6666050-3369-6666

24時間年中無休 (通話料有料)

運転中の道路交通情報は、ハイウェイラジオ(1620kHz)をお聞きください。
またお近くのSA・PAのi ハイウェイ情報ターミナルも併せてご活用ください。
お電話はおかけ間違いのないようご注意ください。
※運転中の携帯電話の使用は法律で禁止されています。ご利用はSA・PAで。
道路交通情報NOW! (http://www.jartic.or.jp/)でも道路交通情報をご確認いただけます。

アイハイウェイ中日本

気になる交通情報をいつでもチェック!

ハイウェイ交通情報サイト(中日本)

http://c-ihighway.jp

ハイウェイテレホン

5分ごとの最新情報を24時間提供(通話料有料)

携帯電話・PHSのお客さまは#8162へ(最も近いエリアに接続します。)

東名高速情報

  • 東京局03-5491-1620
  • 富士局0545-51-1620
  • 川崎局044-866-1620
  • 靜岡局054-288-1620
  • 横浜局045-923-1620
  • 浜松局053-435-1620
  • 御殿場局0550-82-1620

中部地区情報

  • 豊川局0533-82-1620
  • 名古屋局052-709-1620
その他
高速道路に
関する情報

NEXCO中日本ホームページ

通行料金など高速道路に関する各種情報を確認することができます。

http://www.c-nexco.co.jp/

広告ライブラリを見る